愛知県稲沢市のお寺・葬儀 愛知県一宮市浄土真宗 愛知県の西光寺・樹木葬 愛西市稲葉町西光寺・納骨堂

[全国74,560ヶ寺の寺院を収録]
日本全国「瀧泉寺」全寺院リスト  
【『全国の仏教寺院サーチ』:名前別全国の仏閣・寺院順位発信サイト】《寺院リサーチ》 ホーム 

<<<12カ寺>>>全国の『瀧泉寺』【12カ寺】を検索する

全国寺院名前ランキング 全国の寺院
992.『智光寺』 994.『大寳寺』

全都道府県の『瀧泉寺』【12カ寺】を探索する

〔詳細モード〕へ移動。

全国には「12ヵ寺」の【瀧泉寺】があります。 「瀧泉寺」は、全国で954番目に多い寺院です。

1
山形県鶴岡市 瀧泉寺
[クリック]
[〒997-0757] 山形県鶴岡市坂野下乙50 [地図等]
2
福島県南会津郡只見町 瀧泉寺
[クリック]
[〒968-0441] 福島県南会津郡只見町大字黒谷字上ノ山2268 [地図等]
3
茨城県土浦市 瀧泉寺
[クリック]
[〒300-0043] 茨城県土浦市中央2丁目11-12 [地図等]
4
埼玉県比企郡嵐山町 瀧泉寺
[クリック]
[〒355-0201] 埼玉県比企郡嵐山町大字古里765番地甲 [地図等]
5
埼玉県日高市 瀧泉寺
[クリック]
[〒350-1257] 埼玉県日高市大字横手79-1 [地図等]
6
千葉県君津市 瀧泉寺
[クリック]
[〒292-0501] 千葉県君津市山滝野102 [地図等]
7
千葉県いすみ市 瀧泉寺
[クリック]
[〒298-0004] 千葉県いすみ市大原1987 [地図等]
8
千葉県袖ケ浦市 瀧泉寺
[クリック]
[〒299-0232] 千葉県袖ケ浦市永地1477 [地図等]
9
東京都目黒区 瀧泉寺
[クリック]
[〒153-0064] 東京都目黒区下目黒3丁目20-26 [地図等]
10
東京都大島町 瀧泉寺
[クリック]
[〒100-0212] 東京都大島町波浮港字上崎17 [地図等]
11
山梨県中央市 瀧泉寺
[クリック]
[〒409-3815] 山梨県中央市成島1028 [地図等]
12
長野県下伊那郡松川町 瀧泉寺
[クリック]
[〒399-3301] 長野県下伊那郡松川町上片桐1468 [地図等]

スマートフォンではQRコードで読み込む

クイック・レスポンス・コードの作り方 このページをスマートフォンなどから読み込む場合は、上記のQRコードを読み取ると、このページのホームページが表示されます。




「樹木葬について学ぶ」【仏教用語を調査しよう】

英語

【英語】 Trees Burial

樹木葬の歴史(始まり)

樹木葬は、1999年(平成11)に岩手県一関市にある大慈山祥雲寺(臨済宗妙心寺派)のご住職である千坂げん峰氏が荒廃していた里山を樹木葬墓地にしたのが始まりとされる。

樹木葬とは何ですか?

樹木や山ツツジ・山ドウダン・紫陽花・花菖蒲などの花を墓石の代わりに墓標とし、その下の土の中に遺骨を埋葬する形態。「遺骨が自然に還る」という考え方で自然を壊さない新しい墓地として環境面でも注目されている。また墓石がないため宗教に縛られないことや、墓石よりも低費用で済むといった特徴がある。自然葬の1つの形態である。
樹木葬は「自然に還す」という考え方では散骨に近いが、散骨は「墓地、埋葬等に関する法律」の枠外で行われているのに対し、樹木葬は「墓地、埋葬等に関する法律」によって許可された墓地で埋葬されるため完全に合法であると言える。そのため、樹木葬は各都道府県および市町村の地方公共団体の許可をとった霊園や墓地に遺骨を埋葬する必要がある。

樹木葬の埋葬形式による分類

樹木葬には大きく3つの埋葬形式がある。

1)1人の遺骨に対して1本の樹木を植える

1人の遺骨に対して1本以上の樹木植えるため、本来の樹木葬の趣旨に最も合致した埋葬形式である。ただ、1人1人の遺骨に対して樹木を植えるスペースが必要なため、費用が高くなる傾向にあり、対応している墓地や霊園はそれほど多くない。

2)1本の樹木を植えた区画に個々の遺骨を別々に埋葬する

1本の樹木を植えた大区画に、1人1人の遺骨を骨壺などに入れて個々の区画に埋葬するタイプ。このタイプの樹木葬が一番多い。

3)複数人の遺骨を同じ区画に埋葬する

1つの納骨区画に複数の遺骨をまとめて共同で埋葬する。お墓の場合の合同墓や集合墓に当たる。このタイプでは、複数の遺骨をまとめて納骨するため、埋葬後は遺骨を取り出すことが出来ません。このタイプの特徴は、上記の2タイプよりも費用が安くなる傾向にある。

樹木葬の運営形態による分類

運営形態による違いは大きく以下の3つに分けられる。

1)寺院やお寺や宗教法人が運営

樹木葬は、1999年(平成11)に岩手県一関市にある大慈山祥雲寺(臨済宗妙心寺派)のご住職である千坂げん峰氏が荒廃していた里山を樹木葬墓地にしたのが始まりとされ、樹木葬の始めのころはすべてがこの運営形態であった。現在でも樹木葬の運営形態の主流を占めている。

2)都道府県や市町村が運営

東京都立小平霊園(東京都東村山市萩山町1-16-1)、横浜市営墓地メモリアルグリーン(神奈川県横浜市戸塚区俣野町1367番地1)、愛知県長久手市卯塚墓園(愛知県長久手市卯塚)、千葉県浦安市営墓地公園(千葉県浦安市日の出八丁目1番1号)など、都道府県や市町村が運営する樹木葬は増加しつつある。公営の墓地の一部を樹木葬に改修する例もある。

3)民間霊園が運営

民間の霊園墓地の一部を樹木葬にする場合や、初めから樹木葬専用の民間霊園を開発する場合もある。現在、この運営形態の樹木葬が増えつつある。

樹木葬の立地形態による分類

立地形態による違いは大きく以下の3つに分けられる。

1)山里型樹木葬

山里型樹木葬は、山や里の樹木に極力手を加えず、自然のままの樹木の下に遺骨を埋葬する樹木葬。1999年(平成11)に岩手県一関市にある大慈山祥雲寺(臨済宗妙心寺派)のご住職である千坂げん峰氏が始めた樹木葬はこのタイプ。「命が終わった後は自然に還りたい」と願う人には最もふさわしいタイプ。ただ、広い土地が必要となるため交通の不便な場所が多く、家族が頻繁に参拝するには適さない場合が多い。

2)公園型樹木葬

公園型樹木葬は、自然の樹木をそのまま使うのではなく、墓地を公園として整備し、公園に樹木だけでなく山ツツジ・山ドウダン・紫陽花・花菖蒲などの花を植えるタイプ。墓石がない以外は、既存のお墓とあまり変わらないタイプで、一般的に利便性の良い場所にあるため参拝しやすいことが多い。現在最も多いタイプの樹木葬である。

3)ガーデニング型樹木葬

公園型と区別が難しい場合もあるが、一般的に土地の価格が高い東京の都心や大都市の中心部に見られる樹木葬で、狭い土地に季節の折々の花を植え、その近くに埋葬スペースを設けるタイプ。一般的に駅から近い便利な場所にあるため、参拝する人が気軽に訪れることができる特徴がある。

樹木葬墓地の使用期間

樹木葬墓地の使用期間は墓地によって異なるが、一般的には管理費は不要で使用期間は10年、20年、30年と決まられている場合が多い。その場合は、期間が終了した後は遺骨が合同墓や集合墓へ移されることが一般的である。管理費が必要となる場合は、一般のお墓と同様に管理費を払い続ければ永代で使用し続けることが出来る所も多数ある。

宗旨や宗派について

最近はお墓でも宗旨や宗派が問われない場合が多いが、樹木葬の場合はお墓以上に宗旨や宗派はほとんど問われない。さらに、仏教の宗旨や宗派だけでなく、神道やキリスト教、イスラム教などさまざまな宗教を受け入れる樹木葬もある。

樹木葬の費用について

一般的には、樹木葬の費用はお墓と比べると墓石の購入費用が不要なためかなり安く抑えられる。また管理費もお墓に比べると安い場合が多い。

樹木葬の埋葬方法

樹木葬の埋葬は、遺骨を骨壷から取り出して紙などに包みそのまま土に埋める場合と、骨壷ごと埋葬する場合がある。一般的に誰を埋葬したかがわかるように、埋葬した場所に樹木を植えたりプレートを置いたりする。

詳細はこのリンク【樹木葬について学ぶ】

愛西市のお寺・墓地 愛知県津島市真宗大谷派 愛知県あま市納骨堂 愛知県名古屋市の寺院・御堂

[This page was uploaded on 2021年10月9日 18:18:56]『寺院リサーチ』 | Research Temple2012-2021 Created by Search Temples Corp. 寺院・仏閣・お寺の 全国情報サイト ≪お寺総合調査・ 検索サイト≫ 【寺院の高速情報検索】 -全国の仏教寺院辞典-【更新日時:2021年(令和03年)10月07日(木曜日)14時47分13秒】
【仏教キーワード】:墓じまい,お盆,墓相,納骨堂,永代供養墓,埋葬許可証,年忌法要,合葬墓,家墓,仏事,合祀墓,改葬,副葬品,開眼供養,開眼供養,寺院墓地,自然葬,帰依,御魂抜き,法事,法会,角柱塔婆,お布施,法施,祭祀,戒名,御朱印,法名,御魂入れ,墓誌
【仏教関係の用語】
散骨って何ですか?
親鸞聖人とは
自然葬について
行年・享年の計算
中陰・年忌一覧表
行年・享年一覧表
年忌・回忌法要計算
今年の法事
お墓・墓地・霊園の情報
寺院・お寺
樹木葬って何ですか
納骨堂とは
お経について
日本国憲法
宗教法人法
墓地・埋葬等の法律
墓地・埋葬法律規則
土葬、僧侶紹介、
【Advertisement】
愛西市仏閣稲沢市西光寺ネットで体積の単位を変換するとは長さの単位の変換音速・マッハとは?QRCodeの埋め草ビットの符号化Make HSL colors on the Web