一宮市年忌法要 蟹江町の寺院・鐘楼堂 愛西市稲葉町西光寺・僧侶 愛西市の西光寺・仏陀

[全国74,560ヶ寺の寺院を収録]
日本全国「光隆寺」全寺院リスト  
【『伝統寺院探索』:名前別日本国中の仏教寺院順位発信ホームページ】《寺院リサーチ》 ホーム 

【6寺院】全国の『光隆寺』《総数は6カ寺》のすべてがわかる

全国寺院名前ランキング 全国の寺院
2088.『弘済寺』 2090.『光顯寺』

全都道府県の『光隆寺』《6カ寺》のすべてを知る

〔詳細モード〕へ移動。

全国には「6ヵ寺」の【光隆寺】があります。 「光隆寺」は、全国で1819番目に多い寺院です。

1
東京都港区 光隆寺
[クリック]
[〒106-0046] 東京都港区 元麻布3丁目9番8号 [地図等]
2
三重県津市 光隆寺
[クリック]
[〒514-1255] 三重県津市 庄田町2390番地の2 [地図等]
3
滋賀県長浜市 光隆寺
[クリック]
[〒529-0722] 滋賀県長浜市 西浅井町庄1323番地 [地図等]
4
奈良県北葛城郡上牧町 光隆寺
[クリック]
[〒639-0214] 奈良県北葛城郡上牧町 大字上牧2513番地 [地図等]
5
広島県広島市西区 光隆寺
[クリック]
[〒733-0003] 広島県広島市西区 三篠町1丁目6番9号 [地図等]
6
福岡県北九州市八幡東区 光隆寺
[クリック]
[〒805-0059] 福岡県北九州市八幡東区 尾倉2丁目8番18号 [地図等]

スマートフォンで使うには

QRコードの仕組み このページをスマートフォンなどから読み込む場合は、上記のQRコードを読み取ると、このページのホームページが表示されます。




【お寺の用語簡易メモ】「お経を調べる」

英語

【英語】 sutra

【お経】

お経はサンスクリット語で「スートラ」と言う。「スートラ」とは縦糸の意味で、当時はお釈迦さま(仏陀)の教えを木の葉や木の皮などに書き、それに穴を開けて糸を通したため「スートラ」と呼ぶようになった。お経はお釈迦さまが説法された教えである。お釈迦さまは自分の教えを文字で残されていないため、すべてのお経が本当にお釈迦様が説かれた教えかどうかは分からないが、お釈迦様の弟子たちが「私はお釈迦さまの教えをこのように聞きました。お釈迦さまはこのようにおっしゃられていました。」ということである。そのため、ほとんどのお経は、「如是我聞(にょぜがもん)」という言葉ではじまっている。
お釈迦さまが生きておられる時はお釈迦さまから直接教えを聞くことができたが、お釈迦さまが亡くなられると、お釈迦さまの教えをどのように継承すればよいかが問題となった。そのために開かれた会議を「仏典結集(けつじゅう)」という。
仏教にはたくさんの仏典があるが、大きく以下の3つに分けられる。
 【経】--- お釈迦さまが直接説かれた教えを文字にしたもので、これを「経蔵」と言う。
 【律】--- 僧侶や仏教教団の生活規則や決まりなどを記したもので、これを「律蔵」と言う。
 【論】--- お釈迦さま以外の高僧が、仏教の教えについての解釈や解説などを書いたもので、

        これを「論蔵」と言う。

詳細はこのリンク【お経を調べる】

津島市住職法要 愛知県弥富市の寺院・法名 愛知県名古屋市の寺院・仏陀 愛知県稲沢市お釈迦様

[This page was uploaded on 2022年4月25日 1:13:06]『寺院リサーチ』 | Research Temple2012-2022 Created by Search Temples Corp. 寺院・仏閣・お寺の 全国情報サイト ≪お寺総合調査・ 検索サイト≫ 【全国の仏教寺院の事が誰でもわかる】 -全国の仏教寺院辞典-【更新日時:2022年(令和04年)04月23日(土曜日)15時36分32秒】
【仏教キーワード】:お盆・月命日・帰依・お布施・開眼供養・年忌法要・御魂入れ・本堂・お堂・御々堂・納骨室・家墓・改葬・檀家・御朱印・寺院墓地・御魂抜き・僧侶派遣・角柱塔婆・追善供養・埋葬許可証・仏事・祥月命日・終活・法事・合葬墓・戒名・宗派・自然葬・仏縁・墓相・副葬品
【仏教関係の用語】
行年・享年の計算
中陰・年忌一覧表
行年・享年一覧表
年忌・回忌法要計算
今年の法事
お墓・墓地・霊園の情報
寺院・お寺
樹木葬って何ですか
納骨堂とは
お経について
蓮如上人とは
散骨って何ですか?
親鸞聖人とは
宗教法人法
墓地・埋葬等の法律
墓地・埋葬法律規則
日本国憲法
伽藍、住職法要、
【Advertisement】
西光寺お墓稲葉町西光寺用紙(面積比較)の単位を変換しようネットで面積の単位を変換するには関連映像リンク集BarCodeの誤り訂正レベルごとの読み取りテストConvert colors HSL<>CMYK